まあ子のブログ

旅行、中国ドラマ、映画、レトロデザインが好き。細く長く続けていきたい。毎週金曜19時投稿が目標。

今更ながら四川旅行の振り返り

もう一度行きたい陈麻婆豆腐

以前、四川省の旅行に行った時の話をしたい。

2014年頃四川省成都に行った。もう10年前になると思うと街はかなり変わっているに違いない。当時、成都には陈麻婆豆腐というマーボー豆腐の名店があり、そこに行きたかったのだ。ここの麻婆豆腐は本当に美味しくて、麻がとても効いてて舌がピリピリしたのを覚えている。量もどれも多くて、2人で入ったのに小さな桶みたいな入れ物にご飯が大量に入っていたり、スープも巨大な甕みたいな器に入って出てきたので、私たちはひたすら幸せな気持ちになった。とりあえず、本場の中華料理は美味しい。あの場所にもう一度行きたいな。

忘れれらない味、陈麻婆豆腐

1日パンダさんを堪能できるパンダセンター

四川省ではその他にパンダーセンターに行った。パンダのみの動物園で、終始パンダを見て癒された。パンダの自己紹介看板を見て、一緒に旅行をしていた友達の妹と誕生日が一緒やんと笑った記憶がある。園内が広すぎるので、周遊するバスのようなものが園内を通っていたのをなんとなく覚えている。あんなに1日にパンダを見ることはないだろうというくらいパンダを堪能できる動物園である。

パンダーセンター入口

パンダ幼稚園

可愛いパンダさんたち

九塞溝までの道中

最後に四川省に行った目的である九塞溝について話したい。九塞溝は本当に美しくて、行くことができて、本当に良かったと思っている。バスで向かったのだが、高度が高いため、少しずつ高度を上げて向かっていた。そのため、高山病に苦しまずに済んだ。友達は高速バスの中でひたすら爆睡しており、後ろの席のカップルが高度差のせいでか缶を開けた時に中身を床にぶちまけてしまった時もぐっすり寝ていた。私たちは後ろの方の席に座っており、かつバスは前方に傾斜していたので、缶の中身がバスの最前列の方まで行てしまったみたいだった。そんなハプニングもあり、九塞溝までの道中はかなり忘れられないものになった。

九塞溝までの道中

まとめ

四川省はやはり食が好きだ。麻婆豆腐を思い出しただけでまた行きたくなってきた。

九塞溝は本当に素敵な場所だったのだが、道中のエピソードが強烈だったので、その葉話しか書けなかった。また別の機会に丁寧に書きたい。道中も含めて旅行は印象深いエピソードがあるので楽しい。皆さんの中国旅行のエピソードを聞いてみたいな。では、今日はこの辺で。ばいなら~